FC2ブログ

12月11日 物語を絵にしよう

今日の活動は、「物語を絵にしよう」です。
雪の結晶を頭に入れて物語を聞き、その物語を自分のイメージで絵に書いてみま
す。


「雪の結晶」は、二つと同じものが無く、気温と共に絶えず変化していくそうで
す。
まるで人間のようです。

子どもでも大人でも
自分自身が持ってる、みんなと違う、
自分だけの特別な力があります。そして、それはとても貴重なものです。
今日聞いてもらう物語には、
その事か織り込まれています。

自分で場面を想像し、絵を描く事で、
その「大切な事」が自分で描いた絵と共に、
子供たちの記憶の中に残る事を目標にしています。


活動

1)ひとつの雪の結晶のカラーコピーを10個くらいの断片にしたものを、みんなに
渡しました。
これはなんだろう?

雪の結晶ってわかるまでにそんなに時間かかりませんでした!
大きな子は、雪の結晶のイメージを何となく持っているようでした。

2)『きらきら』(文、谷川俊太郎)を朗読。
本の中の、雪の結晶の写真の美しさに、みんな引き込まれたようでした。

きらきらきらきら
(2008/11)
谷川 俊太郎、吉田 六郎 他

商品詳細を見る


2010121115280000.jpg


3)物語を通しで聞く。
タイトルは『ゆめからのおくりもの』
N先生が読んでくれました。
森に住んでいる、おとなしく、恥ずかしがりやの女の子が、
森の中で、自分の事を何でも知っている不思議な大人たちに出会います。
そこで女の子は、自分だけの持ってる力、他人の気持ちに共感できる力を認めて
もらい、
温かい気持ちになって家に帰ります。
女の子は、お母さんがその不思議な人たちの事を知っている事にびっくり。

というあらすじです。

みんな、一生懸命聞いてくれました。
小さい子には、ちょっと長かったかな。
本日初参加のM君には、かなり難しいはずでしたが、
ちゃんと聞いてくれました。


4)大人と子どものチームに分け、自分で描きたいシーンを選びました。
描きにくい場面を選んだ子は、どんな絵を描いてくれるのか、楽しみです。

黙々と描きはじめる子、
悩む子、
様々ですが、
みんな描き始めました。

M君も、大人のサポートを元に描き始めました。

イメージを絵に表現する事が、
思った以上に頭を使う事に驚きました。

子供たちの絵、どうですか?

2010121115500001.jpg

2010121115500002.jpg



5)みんなの絵をみながら、再度、通して物語を聞きました。

自分で描いた絵の時は、みんな恥ずかしそうでした。


Lちゃんは、一番始まりの難しい場面でしたが、女の子とお母さんの気持ちをうまく
表現してくれました。

リザ


Sちゃんは、しっかりとした見かけとは正反対の、かわいらしい絵を描いてく
れました。

シャーニカ


Jちゃんは、物語のキーになる雪の結晶をきれいに描いてくれました。

樹里


Mくんは、たき火のシーンをしっかり描いてくれました。
びっくりと同時に、うれしかったです。

キくんとうめさん



Eちゃんは、聞いてないようでちゃんと聞いてくれてたみたいで、自分のイメ
ージしたネコを描いてくれました。

えみちゃん


Kくんは、ちゃんとわかったかな?難しかったね。

初参加のHさん、
素敵な絵をありがとう。
おばあさんの顔が、作者のイメージ通りです!


もっとみんなの絵を鑑賞する時間を取れたらよかったと思いました。
また、普段気がつかない、子どもたちの以外な一面も見え、
驚いたり、感心したり…
子供たちの持ってる能力の高さに感動の時間でした。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

地球っ子クラブ2000

Author:地球っ子クラブ2000
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR